快適にお湯を使うには

ウーマン

熱源費用などで比較

新築時やリフォームの際にどの給湯器を選べば良いか迷ったことはありませんか。一戸建てか集合住宅、設置場所によっても違ってきます。給湯器は生活していく上で欠かせないものとなっており、自宅に合ったものを見つけたいところです。では、給湯器を動かす燃料やランニングコストの面などから比較してみます。まず、燃料別で見るとガス、電気、石油に分けることができます。ガス給湯器はプロパンガスや都市ガスを燃料としていて、お湯を作り出す力が一番大きく本体の価格も他と比べると安価です。給湯時の音が多少大きいのがデメリットです。電気給湯器は電気料金が安い深夜にお湯を作りタンクに貯めておいて、朝や昼に給湯するタイプのものが人気があります。ガスよりもランニングコストが安いのが最大のメリットです。深夜に作ったお湯を使い切った場合は昼の電気料金で給湯します。石油給湯器は、パワーが大きい割にはガスよりランニングコストが安いのがメリットで寒い地域に向いています。しかし、使用しているときの音が大きく、燃料が切れないように定期的に給油する必要があります。そして、電気とガスの良い点を併せ持ったのがハイブリッド給湯器です。お風呂などたくさんのお湯を沸かしたいときはガスを使い、洗顔など少量のお湯で良い時は電気を使うといった使い分けができます。これによってランニングコストを大きく減らすことができます。しかし、給湯器本体がガスよりも大きいので一戸建て住宅に向いています。